病院での治療について

28-001

症状に個人差がある更年期障害ですが、更年期障害の症状に苦しむ方の中にはその辛い症状によって日常生活にまで影響が出てしまっているという方も少なくありませんね。

更年期障害の症状を緩和、改善する方法には、セルフケアも存在しますが、セルフケアを行なってもあまり改善されない場合、また、日常生活にまで影響が出てしまっている場合には、あまり無理をせず病院を受診されることをおすすめします。

病院を受診した場合、どのような治療を行なうのか?
不安を感じる方も多いことでしょう。

そこで、男女別に更年期障害の病院での治療について紹介していきますので、参考にしてみて下さいね。

女性更年期障害の治療

女性更年期障害の場合、原因は女性ホルモンの分泌量低下に伴うホルモンバランスの乱れとなりますので、診療科目は「婦人科」になります。

まず、症状が更年期障害によって起こっているのか、または他の病気が隠れているのかを検査することから始め、更年期障害によって起こっていることが分かれば更年期障害に対する治療を行ないます。

基本的には薬物療法となり、女性ホルモンの補充や漢方薬の処方、また、精神的な症状が大きく出ている場合には抗うつ薬や抗不安薬が処方されるケースも少なくありません。

また、患者さんによって治療法の合う、合わないもありますので、治療を行ないながら改善の兆しがあるか、また、症状が緩和されているかなどを見極めながら治療を進めていくこととなります。

即効性はなくても、治療を続けていくうちに徐々に症状が改善されていくケースも多いので、自己中断せず医師と相談しながら継続的に治療を続けていくことが大切です。

男性更年期障害の治療

男性更年期障害の場合、その原因は男性ホルモンの分泌量減少に伴いホルモンバランスが崩れることで起こりますので、診療科目は「泌尿器科」が一般的です。

また、普段からかかりつけ医がある方の場合、まずはかかりつけ医に相談し、必要に応じて紹介してもらうのも良いですね。

男性更年期障害の治療では、まず、今ある辛い症状が更年期障害によって起こっているのか?または、他の病気が隠れているのかを見極めることから始めます。

辛い症状が更年期障害によって起こっているものであると判断されるとそこから更年期障害の治療へと進みます。

男性更年期障害の治療も女性同様、薬物療法が基本となり、男性ホルモンの補充や漢方薬の処方、また、精神的な疾患がある場合には抗うつ薬や抗不安薬などが処方されます。

他にも病院によっては、サプリメントの処方をするところも増えてきました。

治療方法は、患者さんの状態や希望など総合的に見て医師が判断していきますが、どの方法も残念ながら即効性は期待できません。

しかし、治療を継続していくことで少しずつでも確実に症状を改善されていきますので、自己中断はせず、医師と相談しながら根気よく治療を継続されていくことをおすすめします。

このページの先頭へ