漢方薬を用いた治療

30-001

更年期障害の治療法の一つとして漢方薬を用いた治療法があります。

漢方薬というと、漢方薬局でしか購入できず高価な薬という印象を受けますが最近は、漢方薬局のみならずドラッグストアやインターネットなどでも購入することができ、ものによってはリーズナブルな価格で手に入れることもできますね。

また、病院でも漢方を用いた更年期障害の治療を実施しているところも多く、一昔前と比べると漢方薬はとてもポピュラーな薬の一つになったと言えるでしょう。

では、更年期障害の治療ではどういった漢方薬が使われるのか?
男女別に見ていきましょう。

女性更年期障害に適した漢方薬

漢方薬は患者さんの体調や体質に合わせて処方されますが、女性更年期障害の治療に使われる代表的な漢方薬を紹介します。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

冷え性でむくみやすい体質の方に適した漢方薬です。
更年期障害の症状としては、頭痛や肩こり、耳鳴り、貧血、腹痛、冷えなどの症状がある方に適しているといえます。

加味逍遥散(かみしょうようさん)

イライラ感や不安感など精神的な症状のある方に適した漢方薬です。

他にも頭痛や不眠、睡眠障害、食欲不振、貧血などの症状がある方に適しています。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

のぼせや火照り(ホットフラッシュ)といった症状のある方に適した漢方薬です。

他にも手足の冷えや便秘、腰痛、腹痛、のぼせによる頭痛などの症状がある方に適しています。

ここでは、女性更年期障害に使われる代表的な漢方薬を紹介しましたが、他にも女性更年期障害に適した漢方薬は多く存在しますので、ここで紹介した漢方薬だけにこだわらずご自身に合った漢方薬を服用されると良いでしょう。

男性更年期障害に適した漢方薬

漢方薬は患者さんの体調や体質に合わせて処方されますが、ここでは男性更年期障害の治療に使われる代表的な漢方薬を紹介します。

八味地黄丸(はじみじおうがん)

男性更年期障害に最もよく使われる漢方薬の一つです。
疲労感や冷え、生殖機能低下などの症状がある方に適した漢方薬です。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

精神的な症状のある方に適した漢方薬です。

具体的な症状として精神不安や動悸、不眠、睡眠障害、のぼせ、めまい、イライラなどに適しています。

釣藤散(ちょうとうさん)

めまいや肩こり、頭痛などの症状のある方に適した漢方薬です。

また、更年期障害の症状以外にも高血圧傾向のある方にも適しています。

清心蓮子飲(せいしんれんしいん)

泌尿器症状や精神的な症状のある方に適した漢方薬です。

主な症状としては、頻尿や排尿痛、残尿感、胃腸トラブル、不安感やイライラ感、不眠、睡眠障害などの症状がある方に適しています。

ここでは、男性更年期障害に使われる代表的な漢方薬を紹介しましたが、他にも男性更年期障害に適した漢方薬は多く存在します。

ここで紹介した漢方薬だけにこだわる必要はありませんので、ご自身の症状や体質に合った漢方薬を選びましょう。

このページの先頭へ