更年期障害の治療とはどういったものがありますか?

更年期障害の治療は、薬物療法が基本となります。

ホルモン剤を用いたホルモン補充を始め、漢方薬の処方、また、精神的な症状が強く出ている場合には、抗うつ薬や抗不安薬が処方されるケースも珍しくありません。

他にも更年期障害に有効な成分のサプリメントを処方する病院も増えてきています。

どの治療法も即効性はあまり期待できませんが、継続して治療していくことで辛い症状が少しずつ緩和、改善されていきますので気長に続けていくことが大切だといえます。

また、鍼灸や漢方などといった民間療法も更年期障害には有効ですのでおすすめです。

このページの先頭へ