更年期障害で病院へ行ったところエストロゲンの補充を勧められたのですがどのような効果がありますか?副作用も心配です。

エストロゲンを補充する治療のことを「HRT」といいます。

女性の更年期障害はエストロゲンが減少することで起こりますので、HRTによってエストロゲンを補充することでホルモンバランスを安定させ更年期障害の症状を和らげる効果を期待できます。

海外では更年期障害でHRTを行なうのは常識ですが、日本ではまだまだ常識とまではいかない為、不安を感じる方も多いですね。

HRTの副作用としては、不正出血や乳房の張り・痛み、おりもの過多、下腹部の張り・痛み、吐き気などが挙げられますが、多くの場合、ホルモン剤投与から1~2ヶ月の間に起こりやすい副作用で、身体が薬に慣れてくると副作用もなくなります。

また、あまり副作用が強い場合には薬の変更もできますので、我慢せず医師に相談して下さいね。

このページの先頭へ