更年期障害の夫とどう接して良いのか分かりません。

男性の場合、男性ホルモンの分泌量が減少することで抗ストレス効果が低減してしまう為、更年期障害によって精神的に不安定になってしまう方がとても多いですね。

妻としては、支えてあげたい気持ちがある反面、どのように接して良いのか悩んでしまう方も多いでしょう。

基本的には、いつも通りに接することが一番だといえます。

そして相手に疲れたら、少し離れて自分の時間を作りましょう。

ご主人は奥さまが嫌で感情が不安定になっている訳ではありませんが、自分ではどうすることもできない感情にお悩みだと存じます。

そこで、下手に気を使ったり、ご主人を責めてしまうとご主人は更に混乱してしまいますので、努めていつも通りに接し、辛いと感じたら少し離れて息抜きすることを考えましょう。

このページの先頭へ