更年期障害にはどんな症状がありますか?

男女によって違いはありますが、男女共に共通している症状としては、めまいや耳鳴り、落ち込み、うつ症状、不眠、睡眠障害、疲労感や倦怠感などが挙げられます。

ただ、更年期障害だからといって全ての症状が現れる訳ではない為、症状の出方や重さは個人差が大きいのが特徴です。

更年期障害の症状が起こる年齢にも個人差はありますが、大体男女共に45~55歳くらいに起こる方が多く、女性であれば生理不順や閉経、男性であれば生殖機能低下などをきっかけに更年期障害に気づかれる方も少なくありません。

このページの先頭へ