更年期障害の見分け方ってありますか?

とても難しい質問ですね。

更年期障害か否かはホルモンの分泌量を検査することで分かります。

女性の場合はエストロゲン、男性の場合はテストステロンの分泌量が基準値よりも下回っていると更年期障害の症状が出やすい為、見分けるポイントとなるのですが、これは病院で検査しない限り分かりませんし、見分ける為にわざわざ病院へ行くのは正直、手間ですよね。

病院へ行かずに見分けるポイントとしては、女性の場合は生理不順や不正出血などが、男性の場合は生殖機能低下が一つの目安となるといえます。

但し、更年期障害になると必ず起こる症状という訳ではありませんので、残念ながら断言することはできません。

このページの先頭へ