セルフケアで更年期障害を改善することはできませんか?

結論から言うと、セルフケアによる更年期障害改善は充分可能だといえます。

というのも、更年期障害は男女共にホルモンの分泌量が低下することでホルモンバランスが崩れた結果、自律神経のバランスも崩れてしまい様々な不調を起こします。

その為、セルフケアによって自律神経のバランスを安定させることで更年期障害の症状を緩和、改善させることは充分期待できるのです。

具体的なケアとしては、規則正しい生活、適度な運動、栄養バランスの整った食事、ストレス解消、充分な睡眠が基本となります。

当たり前のことと思われがちですが、これらの生活を完璧にできている人というのはとても少ないのが現状ですので、まずは生活習慣の改善から始めてみましょう。

このページの先頭へ