多汗症?更年期障害?異常な汗の理由は何?

更年期障害の症状の中には、多汗や異常発汗といった症状が存在します。

しかし、こうした多汗や異常発汗の症状があるからといって必ずしも更年期障害が原因とは限らないのです。

というのも、大量に汗をかいてしまう症状のある「多汗症」という病気がありますね。

多汗症は、性別年齢問わず誰でもいつ発症するか分からない病気です。

その為、多汗や異常発汗といった症状しかない場合、更年期障害が原因なのか、多汗症によるものなのか判断するのはとても難しいといえます。

但し、更年期障害が原因で起こっている発汗であれば、生活習慣を見直すことで緩和、改善は可能ですので、まずは生活習慣の見直しから始めることをおすすめします。

このページの先頭へ