更年期障害の対策と治療

06-001

男女共に45~55歳くらいの年齢になると起りやすくなってくる更年期障害。

「もしかしたら更年期障害?」と思ったら、どうすれば良いのか分からないという方も少なくありませんね。

そこで、更年期障害かなぁ?と思ったらまずはどういった対策を取れば良いのか?

また、病院での治療を行なうことは出来るのか?

紹介していきましょう。

更年期障害の対策

更年期障害は、男女共に年齢によってホルモンの分泌量が減少することでホルモンバランスが乱れやすくなってしまい様々な症状が起こります。

更年期障害の症状の出方には個人差があり症状の種類も様々ですが、共通して言えることはホルモンバランスをコントロールしている脳内の視床下部には自律神経のバランスをコントロールする役割もあり、それぞれが影響し合ってしまう為、様々な辛い症状を引き起こしてしまうということ。

つまり、ホルモンバランスの乱れによって自律神経のバランスも乱れやすくなってしまう為、様々な症状が起こりやすくなるということですね。

その為、更年期障害の症状を緩和させるには、ホルモンバランスはもちろん、自律神経のバランスの乱れも改善させていく必要がある訳です。

自律神経というのは、ホルモンバランスの影響以外にもストレスや疲労、食生活の乱れや睡眠不足、運動不足、環境の変化など生活習慣の影響を受けやすいという特徴があります。

45~55歳くらいになるとどうしてもホルモンバランスは乱れやすくなってしまいますが、こうした生活習慣の影響を受けることで更に自律神経のバランスが乱れやすくなってしまい、更年期障害の症状を悪化させてしまうケースも少なくないのです。

「もしかして更年期障害かな?」と感じたら、生活習慣の見直しを行ない精神的ストレスはもちろん肉体的なストレスも溜め込まないように心がけると良いでしょう。

更年期障害って治療法はある!?

生活習慣の見直しを行なうといっても中には、自分だけではどうすることも出来ないこともありますね。

また、更年期障害の症状の出方には個人差があり、中には日常生活にまで影響が出てしまっているという方もいるでしょう。

こうした辛い症状に対する治療法はあるのでしょうか?

結論からいうとあります。

治療効果には個人差がある為、○○をすれば必ず改善される!と断言することはできませんが、日常生活に影響が出てしまう程の辛い症状があるのであれば早めに医師に相談されると良いでしょう。

他にも更年期障害の症状を緩和する効果のある成分が含まれたサプリメントなども販売されていますので、こうしたサプリメントの摂取もおすすめです。

このページの先頭へ