若年性更年期障害について

07-001

更年期障害というと、個人差はあるものの大体男女共に45~55歳くらいの頃に発症しやすい症状ですが、中にはもっと若い20~30代の方でも更年期障害になってしまうケースも珍しくありません。

一般的に更年期障害の症状が現れやすい年代よりも若い世代で発症する更年期障害を「若年性更年期障害」といいます。

では、若年性更年期障害とはどういったものなのか?
原因や症状について男女別で見ていきましょう。

男性の若年性更年期障害

男性が更年期障害になってしまう原因は、男性ホルモンの分泌量が低下してしまうことだと言われています。

男性の場合、10代後半~20代をピークに徐々に男性ホルモンの分泌量が低下していき、40~50代頃になると男性ホルモンの減少によって更年期障害を引き起こしやすくなってしまうのですが、最近は20~30代の方でも男性ホルモンの分泌量が低下してしまい更年期障害の症状が出てしまう方も珍しくないのです。

男性ホルモンというのは、健康であれば急激に減少してしまうということはありません。

しかし、過度なストレスの蓄積や喫煙、激しい運動を行なう習慣があるなどが原因となりホルモンバランスを崩してしまい男性ホルモンの分泌量が低下してしまうケースもあるのです。

20~30代の男性の場合、若さ故に働き過ぎてしまったり、職場でもまだまだ頑張らなくてはならない立場にいるという方が多い為、知らず知らずのうちにストレスを溜めてしまう方がとても多いですね。

また、身体を動かす趣味をお持ちの方も多い為、ご自身では気づかない中でホルモンバランスを崩してしまっているケースがあるのです。

若年性更年期障害の主な症状としては、

  • イライラや落ち込み
  • 意欲低下
  • ED(勃起不全)や性欲低下
  • 頻尿
  • 倦怠感
  • 肩こり
  • 異常発汗

などが挙げられます。

こうした症状があり、なかなか改善されないという方の場合、その原因は「若年性更年期障害」からくる症状の可能性もありますので注意が必要です。

女性の若年性更年期障害

女性の場合、更年期障害になってしまう大きな原因は閉経前後に起こる女性ホルモンの急激な分泌量低下によるホルモンバランスの乱れだと言われています。

閉経する年齢は、個人差がありますので一概には言えませんが、平均すると50歳前後という方が多いですね。

更年期障害は、閉経前後のホルモンバランスの乱れによって起こる症状ですが、最近は20~30代という若い女性でも更年期障害の症状に悩まれる方が少なくなく、こうした若い世代の方の更年期障害を「若年性更年期障害」といいます。

女性の若年性更年期障害の主な原因は、

  • 過度なストレス
  • 疲労の蓄積
  • 急激な体重の変化(増量、減量)
  • 激しい運動

などが挙げられます。

こうした原因によって、ホルモンバランスが崩れてしまい若年性更年期障害の症状が現れてしまうのです。

症状としては、

  • 月経不順
  • 不正出血
  • 手足の冷え
  • 顔のほてり(ホットフラッシュ)
  • イライラや落ち込み
  • 意欲低下
  • 動悸やめまい

など、様々です。

一番分かりやすい症状は月経不順や不正出血ですね。

また、経血量が著しく変化した場合も注意が必要です。

但し、これらの症状は若年性更年期障害だけでなく他の病気の症状としても挙げられます。

特に、不正出血や経血量の変化などは婦人科系疾患の症状とも重なりますので、変だな?と感じたら早めに婦人科を受診されることをおすすめします。

このページの先頭へ