女性更年期障害の原因

04-001

個人差はあるものの一般的に閉経前後に当たる45~55歳頃の女性に起こりやすい女性更年期障害。

しかし何故、閉経前後になると更年期障害になってしまうのでしょう?

症状の出方には個人差はあるものの、誰でも起こり得てしまう更年期障害の原因について、見ていきましょう。

何故、女性更年期障害になるの!?

女性の場合、更年期障害が起こりやすいのは45~55歳頃だと言われています。

症状の出る年齢には個人差がありますが、大体「閉経前後10年くらい」と考えて良いでしょう。

では何故、閉経前後10年くらいになると更年期障害が起こりやすくなるのか?

その原因は「閉経」が大きく関係しているのです。

女性の月経は、女性ホルモンのバランスによって成り立っています。

月経から排卵までに多く分泌される「エストロゲン」と排卵後から次の月経までに多く分泌される「プロゲステロン」という2つのホルモンが交互に優位に立つことで月経をコントロールしているのです。

しかし、閉経が近くなるとホルモンの分泌量が急激に減少してしまう為、ホルモンバランスが乱れやすくなってしまいます。

このホルモンバランスの乱れこそ、女性更年期障害の原因となるのです。

閉経後も5年程はホルモンバランスが安定しない為、女性の更年期障害は閉経前後10年程は起りやすくなってしまいます。

女性更年期障害は何故、症状が様々なのか!?

閉経前後10年の間に起こりやすい女性の更年期障害ですが、症状を見てみると実に様々ですね。

ホルモンバランスが乱れることで、ホルモンと関係している「不正出血」や「月経異常」が起こるのは何となく理解できるものの、その他の症状を見るといまいちピンとこないという方も少なくないでしょう。

何故、そんなにも様々な症状が起こるのか?

これは「自律神経」が大きく関係しているといえます。

女性ホルモンのバランスは大脳の視床下部によってコントロールされていますが、実は自律神経のバランスも同じ視床下部によってコントロールされています。

その為、お互いがお互いに影響し合ってしまうのです。

要は、女性ホルモンのバランスが乱れると自律神経のバランスも女性ホルモンに影響され乱れやすくなってしまうということ。

よく、強いストレスが続くと生理が遅れる・・・なんてことがありますよね?
これは、ストレスによって自律神経のバランスが乱れ、女性ホルモンのバランスにも影響を与えてしまっているということになります。

このように、女性ホルモンと自律神経のバランスはお互いに影響し合ってしまう訳です。

自律神経というのは、簡単にいうと体内環境をコントロールしている神経で自律神経のバランスが乱れることで体内環境が崩れ様々な不調を起こしてしまいます。

その為、閉経前後のホルモンバランスの乱れによって自律神経が影響され更年期障害の様々な症状を引き起こしてしまうということなのです。

このページの先頭へ