女性更年期障害の症状

02-001

45~55歳くらいの女性を中心に様々な症状が現れる更年期障害。

症状の出方には個人差がある上、他の病気の症状と類似している症状も多い為、今苦しんでいる症状が更年期障害からくるものなのか?
他の病気が原因で起こっているものなのか?
今いち分からないという方も多いですね。

そこで、更年期障害にはどういった症状が現れやすいのか?
見ていきましょう。

女性更年期障害の症状にはどんなものがある!?

一口に更年期障害といっても症状は様々で、症状の出方にも個人差が大きいと言われています。

代表的な女性更年期障害の症状としては、

  • 頭痛
  • ほてり、ホットフラッシュ
  • めまい、耳鳴り
  • イライラ
  • 落ち込み、うつ症状
  • 不眠、睡眠障害
  • 不正出血、月経異常
  • 肌トラブル
  • 疲労感、倦怠感

などが挙げられます。

また、これらの症状が全て起こるという方もいれば、1~2つだけという方もいますし、毎日、症状に苦しんでいるという方もいれば、毎日ではないけれど時々起こるという方もいるのです。

その為、同じ更年期障害の症状が出ている方でも「症状はあるものの、日常生活に影響はない」という方から「更年期障害の症状が辛くて日常生活にも影響が出てしまっている」という方まで様々です。

その為、更年期障害に苦しんでいる方の中には、周囲の人に更年期障害であることを伝えてもあまり理解されずに辛い思いをされている方も珍しくありません。

更年期障害は誰にでも起こり得る症状とはいえ、症状の出方は人によって様々な為、症状が重い方にとって周りに理解されないことはとても辛いことですね。

女性更年期障害の症状に悩んだら

個人差も大きく症状も様々な更年期障害ですが、気を付けて欲しいことが一点あります。

それは、あまり辛い症状が続くようであれば一度病院を受診して欲しいということです。

更年期障害自体の治療を行なうことが出来るのはもちろんですが、中には「年齢的にも更年期障害であろう」と自分自身で決め付けてしまった結果、実は更年期障害の症状ではなく他の病気が原因であった為、病気の発見が遅れてしまったというケースも決して珍しいことではないからです。

前述した通り、更年期障害の症状を見ると他の病気の症状と類似している症状が多い為、辛い症状があっても「更年期障害だろう」と思ってしまう方がとても多く、病院へ行くタイミングが遅れてしまう方も少なくありません。

更年期障害の症状は様々ですが、日常生活に影響が出てしまう程の辛い症状や徐々に症状が悪化している場合には、一度医師に相談されることをおすすめします。

このページの先頭へ