女性更年期障害と肌トラブル

15-001

40代半ばを過ぎた頃から、肌にハリがなくなってきた、乾燥するようになった、何もできていないのにかゆみを感じるなど肌トラブルを起こしやすくなったという方はとても多いですね。

また、今まで使っていた基礎化粧品を始めとする化粧品が合わなくなってしまったという方も珍しくありません。

生活習慣などは特に変わっていないのにも関わらず、急に肌トラブルが起こりやすくなってしまうと不安に感じますよね。

40代半ばを過ぎてから起こりやすい肌トラブル。
実は、更年期障害が関係している可能性が高いのです。

女性更年期障害で肌トラブルが起こる理由

女性の生理や排卵は、エストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンのバランスによって行なわれていますが、閉経が近くなってくるとエストロゲンといって月経開始から排卵までに多く分泌される女性ホルモンの分泌量が減少します。

エストロゲンの分泌量が減少することで、ホルモンバランスが崩れやすくなってしまう為、更年期障害の様々な症状を引き起こしてしまうのですが、このエストロゲンは肌とも密接な関係があるのです。

エストロゲンは「美肌ホルモン」「美容ホルモン」なんて異名を持つほど、綺麗な肌を作る為に必要なホルモンだといえます。

エストロゲンには、肌のハリを保つ働きや弾力を維持する働きがあり肌のコンディションを整える効果があります。

よく、生理がくると肌の調子が良くなるという女性がいますね。

これはエストロゲンが分泌されることが大きく影響している訳です。

しかし、年齢と共にエストロゲンの分泌量が得ることでこうした肌に良い働きが低下してしまう為、肌トラブルが起こりやすくなってしまうのです。

女性更年期障害で起こる肌トラブルへの対策

更年期障害が起こる年代になると肌トラブルが起こりやすくなってしまうのは、どうしても仕方のないことではあるのですが、しっかりと対策を取ることで肌トラブルを改善、予防することは充分に可能です。

では具体的にどうすれば良いのか?

1.基礎化粧品で保水、保湿をしっかりと行なう

肌質には個人差があり、肌の状態も人によって区々ですが、ご自身に合った基礎化粧品を使って化粧水で保水後、乳液やクリームでしっかりと保湿し肌の水分を逃がさない様にしましょう。

また、肌の状態に合わせて美容液などを使うのもおすすめです。

但し、基本は保水後しっかりと保湿を行うことですので、注意して下さいね。

2.栄養バランスの整った食生活

健康な身体を作る為にも必要なことですが、肌にも同じことがいえます。

栄養バランスに偏りがあると、新陳代謝機能が低下してしまい肌トラブルの原因となってしまいます。

日頃から脂質や糖質の摂り過ぎに気を付け、栄養バランスの整った食生活を心掛けましょう。

3.良質な睡眠を取る

「良質な・・・」なんていうとどんな風に眠れば良いのか分からないという方も多いと思いますが、基本的には毎日十分な睡眠時間を確保すると同時に大体決まった時間に就寝、起床を心掛け、睡眠のリズムを作ることが大切です。

良質な睡眠を取ることで、新陳代謝機能が活発になり肌トラブルを改善すると共に予防することもできます。

また、日中、疲れすぎてしまったり、ストレスが掛かり過ぎてしまうと睡眠にも悪い影響を与えてしまいますので、疲労回復、ストレス解消を心掛けることも大切です。

更に、就寝前の飲酒やカフェインの大量摂取も良質な睡眠の妨げになってしまいますので程ほどにして下さいね。

4.紫外線予防

紫外線を受けると肌には大きなダメージが加わってしまう為、肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

一年を通して紫外線予防を心掛け、紫外線を強く浴びてしまったと自覚された際には美白やUV用の基礎化粧品などを使って肌のダメージを癒してあげましょう。

このページの先頭へ