女性更年期障害とほてり、ホットフラッシュ

09-001

女性更年期障害の代表的な症状の一つである顔のほてり。

最近は、顏がほてることを「ホットフラッシュ」と呼ばれることも多く、更年期障害の症状に悩む多くの女性がこのホットフラッシュを経験していると言われています。

暑くもないのに顔がほてり、場合によってはダラダラと汗まで流れてくるホットフラッシュ。

人ごみなどでホットフラッシュの症状が出ると人目が気になりストレスに感じる方も少なくありません。

しかし何故、ホットフラッシュは起こるのでしょう?
その原因と対策について見ていきましょう。

女性更年期障害でほてり、ホットフラッシュが起こる理由

女性更年期障害は、閉経前後に起こるホルモンバランスの乱れによって起こりますが、ホットフラッシュもこのホルモンバランスの乱れが大きく関係しています。

女性ホルモンのバランスを司る視床下部は、体温調節などをコントロールする自律神経のバランスを取る役割も担っています。

ホルモンバランスと自律神経というのは、同じ視床下部にてコントロールされているということですね。

ただ同じ場所でコントロールされているだけであれば特に問題ないのですが、残念ながらホルモンバランスと自律神経というのはお互いに影響し合ってしまうという特徴があります。

その為、ホルモンバランスが乱れてしまうと自律神経のバランスも乱れやすくなってしまうという訳です。

自律神経には、体温調節を行なう役割があり体温が高くなると発汗するよう指令を出し、体温を適温にするようコントロールするという働きがあるのですが、ホルモンバランスの乱れによって自律神経が影響を受けてしまうと、コントロールが乱れてしまい体温調節がうまく出来ずにホットフラッシュといった症状を引き起こしてしまうことがあるのです。

女性更年期障害で起こるほてり、ホットフラッシュへの対策

閉経前後のホルモンバランスの乱れによって起こりやすいホットフラッシュですが、症状を緩和させる方法はあるのでしょうか?

答えはYESです。

閉経前後になるとホルモンバランスが乱れやすくなってしまうのはある程度、仕方のないことですので、原因を改善するのはなかなか難しいというのが正直なところですが、ホットフラッシュに関して言えば、対処法を実践するだけで大分緩和されるといえます。

ホットフラッシュの特徴は顔や頭部のほてりや発汗ですので、顏や頭部の上がってしまった体温を下げることで症状を緩和させることが可能です。

では、顏や頭部の体温を下げるにはどうしたら良いのか?

濡れタオルやウェットティッシュなどを使って首筋を冷やしてみましょう。

髪を下している場合やスカーフなどをつけている場合には、冷却シートを貼るのも良いですね。

首筋を冷やすことで顏や頭部の熱を下げることができ、ホットフラッシュの症状も落ち着きますのでおすすめですよ。

このページの先頭へ