女性更年期障害と不眠、睡眠障害

13-001

女性更年期障害の症状の中には不眠や睡眠障害などがあります。

  • 疲れているのに寝付けない
  • 最近、眠れない日が多い

こうした睡眠に関する症状が、閉経前後に現れたら・・・
それは更年期障害による症状である可能性が高いといえます。

しかし何故、更年期障害になると睡眠に関する症状が出てくるのでしょう?
また、対策などはあるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

女性更年期障害で不眠、睡眠障害が起こる理由

女性更年期障害の大きな原因は、閉経に伴いホルモンバランスが乱れることで様々な症状が起こりやすくなることだといえます。

しかし、睡眠に関する症状とホルモンバランスはあまり関係なさそうな印象を受けますね。

では何故、更年期障害の症状に不眠や睡眠障害といった症状が起こるのか?

それは、ホルモンバランスが乱れることに影響を受け、自律神経のバランスが乱れてしまうからなのです。

自律神経には、交感神経と副交感神経とがあり、日中、活発に活動する際には交感神経が強く働き、夜になり睡眠に入る頃には今度は副交感神経が強く働くことですんなりと入眠できる訳です。

しかし、この自律神経のバランスが崩れてしまうと睡眠の時間になっても交感神経が強く働いてしまう為、なかなか入眠できなかったり眠りについたと思ったらすぐに目覚めてしまうといった睡眠障害が起こりやすくなります。

よく、赤ちゃんが昼と夜が逆転してしまい夜中に寝てくれない・・・といったことが起こりますよね?

これは、日中、興奮し過ぎてしまったせいで夜になっても交感神経が強く働いたままになってしまうことで起こるのですが、更年期障害による不眠や睡眠障害のメカニズムも赤ちゃんの昼夜逆転と同じような現象が起こっている訳です。

女性更年期障害で起こる不眠、睡眠障害への対策

更年期障害の症状とはいえ、睡眠不足が続いていると日中も様々な体調トラブルが起こりやすくなってしまう為、とても辛いですね。

更年期障害による不眠や睡眠障害が起こっている時、どのように対処すれば良いのでしょうか?

1.ストレス解消に努める

誰でも多かれ少なかれストレスというのはあるものですが、ストレスを感じることが増えると交感神経が強く働きやすくなり、睡眠にも影響が出てしまいます。

日頃からストレスを溜め込まないようにしましょう。

2.就寝前の1~2時間リラックスタイムを作る

好きな香りの入浴剤を入れたぬるめのお湯にゆっくりと浸かったり、入浴後にゆっくりとマッサージをする、ゆったりとした音楽を聴く、好きな香りのアロマを焚くなど、就寝前の1~2時間、意識してリラックスできることを始めてみましょう。

心身がリラックスすることで副交感神経が優位に働くようになり、スムーズに入眠できるようになります。

3.就寝2~3時間前からテレビやパソコン、携帯を見ない

これはなかなか難しいことかもしれませんが、テレビやパソコン、携帯から発せられる光を受けるとどうしても交感神経が強く働きやすくなってしまいます。

というのも、人間は光を見ると交感神経が強く働く為、就寝前にテレビやパソコン、携帯などを見ていると交感神経が強く働き眠りに入りにくくなってしまうのです。

なるべく就寝2~3時間前からはテレビやパソコン、携帯を見ないように心がけることをおすすめします。

このページの先頭へ